【ついに夢のマイホーム!】住宅を購入した時の保険を見直すポイント!

住宅をローンで購入した場合、長期間の支払いのリスクが始まります。トータルの家計の見直しをすることが必要となってきます。

住宅購入時の保険の見直しとは?

とえば、それまでに加入していた保険の目的が、残されたご家族の生活費だったと仮定すると、それは、食費などの費用のほかに、住居費の保障分もはいっていませんか?
住宅をローンで購入した場合の多くは、団体信用生命保険をあわせて加入することになります。
これは、ローン支払中に万が一、亡くなったり、高度障害状態となった場合、借り入れの残高の支払を保険でカバーをすることになります。
つまり、住居は確保され、ローン残高は保険で相殺されることになります。
ということは、住宅購入時においては、住居分の保障を考えて加入された場合には、保険を見直すチャンスなのです。

注意するポイントとしては、団体信用生命保険とは、万が一死亡したり、高度障害となった場合に、残高が相殺されるもので、病気やケガで入院したりした場合には、継続してローンの支払が継続されます。
病気やケガで入院し、所得が減った場合でも、住宅ローンが継続するということになります。
ここのリスクに対しても対応が必要ではないでしょうか?

保険deあんしん館
保険deあんしん館は、関東(東京・神奈川・千葉)で展開している無料保険相談ショップです。
経験豊富なスタッフがあなたにピッタリの保険を、40社以上の保険会社の商品からご提案します。まずはお気軽にご相談ください。

保険のご相談、
見直しは
ぜひ保険deあんしん館へ

事前のご予約は
お電話またはインターネットで受付中!

お客さまにあんしんして相談いただくために、保険deあんしん館では【しつこい勧誘】や【無理な営業】を禁止しています。