【保険初心者さんのQ&A】“がん”にも種類があるってホント?

保険初心者さんのQ&A

『保険って何?』と聞かれた時、「なんだか色々種類があるみたいだけど、正直よくわからない…」と思う方が多いのではないでしょうか?
お客様から保険deあんしん館に寄せられたご質問に、ライフコンシェルジュがお答えします。

Q. “がん”にも種類があるってホント?

A.
大きく分けて2種類あります。

実は一般的に“がん”と言われているものの中には大きく分けて2種類あります。
「上皮内新生物」「悪性新生物」というものです。
簡単にいうと、「上皮内新生物」は内臓などの組織の上にのっているような状態のものを指します。
「悪性新生物」は、組織に浸潤している(染みるように組織内に入ってしまっている)状態のものを指します。
「上皮内新生物」の場合「悪性新生物」に比べ、完治の可能性も高く治療費も比較的安く済むこともあります。
そのため、保険会社によってはこの上皮内新生物と悪性新生物の違いによって受け取れる給付金の額に大きく差がある保険の商品もあります。
ガン保険を選ぶときにはこういうところもしっかりチェックした方が良いですね。

保険deあんしん館
保険deあんしん館は、関東(東京・神奈川・千葉)で展開している無料保険相談ショップです。
経験豊富なスタッフがあなたにピッタリの保険を、40社以上の保険会社の商品からご提案します。まずはお気軽にご相談ください。

保険のご相談、
見直しは
ぜひ保険deあんしん館へ

事前のご予約は
お電話またはインターネットで受付中!

お客さまにあんしんして相談いただくために、保険deあんしん館では【しつこい勧誘】や【無理な営業】を禁止しています。