【保険初心者さんのQ&A】女性向けの保険ランキングを見ても決められないのですが、どうすればいいのでしょうか?

保険初心者さんのQ&A

『保険って何?』と聞かれた時、「なんだか色々種類があるみたいだけど、正直よくわからない…」と思う方が多いのではないでしょうか?
お客様から保険deあんしん館に寄せられたご質問に、ライフコンシェルジュがお答えします。

Q.女性向けの保険ランキングを見ても決められないのですが、どうすればいいのでしょうか?

A.
女性向け保険の特徴をチェックしましょう。
その上で、必要保障額やニーズに合っているか検討が必要です。

現在は情報社会でインターネットで何でも調べられる時代ではありますが、その半面、情報量が多く何を基準にして決めればよいのか分かりにくい点もあります。
そこで女性向けの保険について特徴を簡単にご説明します。
まず、女性向けの保険とは「女性を対象に特化した保障内容の保険」のことをいいます。
女性特有の病気や疾患(乳がんや子宮がんなど)について、手厚く保障を受けられる特徴があります。

女性向けの保険には単独の保険商品特約の保険商品の二つがあります。

単独の保険商品
女性特有の病気に特化していて、女性疾患に強い保障内容
特約の保険商品
通常の医療保険に特約を付帯させて、保障を上乗せするもの。
単独の保険商品よりも保険料の負担が少ないメリットがあります。
この特約を『女性疾病特約』といいます。
女性特有のリスクに備えるという意味では、非常に大切な備えの一つだと思います。
乳がんや子宮がんなどは30代からリスクが高まります。

女性特有の疾病…というデリケートな事情から、治療過程で特別療養環境室(通称・特別室)の選択も考えられます。
その場合、差額室料(通称・差額ベッド代)は全額自己負担となってしまいます。

また、治療方法として先進医療を受けることになれば、その費用も健康保険の適用外です。
この様な金銭的負担が発生するリスクを考え、医療費に備える必要があります。

女性向けの保険の選び方のポイントは、保険料はもちろんのこと、保障内容の充実さといったバランスが良い保険をおすすめします。
ランキングはもちろん参考にはなりますが、商品選びに迷ったら是非、保険deあんしん館へご相談下さい。
女性向けの保険ではなく、医療保険とがん保険を組み合わせてご心配な女性疾病に備えることも可能です。

保険deあんしん館
保険deあんしん館は、関東(東京・神奈川・千葉)で展開している無料保険相談ショップです。
経験豊富なスタッフがあなたにピッタリの保険を、40社以上の保険会社の商品からご提案します。まずはお気軽にご相談ください。

保険のご相談、
見直しは
ぜひ保険deあんしん館へ

事前のご予約は
お電話またはインターネットで受付中!

お客さまにあんしんして相談いただくために、保険deあんしん館では【しつこい勧誘】や【無理な営業】を禁止しています。