【保険初心者さんのQ&A】なんでガン保険と医療保険がわかれているの?

保険初心者さんのQ&A

『保険って何?』と聞かれた時、「なんだか色々種類があるみたいだけど、正直よくわからない…」と思う方が多いのではないでしょうか?
お客様から保険deあんしん館に寄せられたご質問に、ライフコンシェルジュがお答えします。

Q.なんでガン保険と医療保険がわかれているの?

A.
がん保険は、ガン治療に特化した保険です。

「なんで医療保険と別にガン保険があるの?医療保険ってガンは対象じゃないの?」と思う方はいませんか?
実際ガンになった場合にも医療保険から給付金を受け取ることは可能です。

しかし、最近のガン治療はがんになってしまった部位や進行度によっても違いますが、一般的に「手術」と言われる外科手術(メスを使う手術)以外の選択をお医者さんに提案され、入院せず通院だけで治療するということも増えています。
それらの治療法の中には健康保険が適応されるものもあれば、「自由診療」と呼ばれる健康保険が適応できないものもあります。
自由診療を使った場合、治療のためにかかった費用を全額自分で負担しなくてはいけなくなり、治療費が高額になることも増えています。

「この方法で治療したいけど、費用が…」となることを出来るだけ防ぐためにも、ガン治療に特化した保険に入るというのも安心して病気を治すために大切なポイントになります。

保険deあんしん館
保険deあんしん館は、関東(東京・神奈川・千葉)で展開している無料保険相談ショップです。
経験豊富なスタッフがあなたにピッタリの保険を、40社以上の保険会社の商品からご提案します。まずはお気軽にご相談ください。

保険のご相談、
見直しは
ぜひ保険deあんしん館へ

事前のご予約は
お電話またはインターネットで受付中!

お客さまにあんしんして相談いただくために、保険deあんしん館では【しつこい勧誘】や【無理な営業】を禁止しています。