台風による災害は火災保険で補償される!万が一に備える保障の種類とは?

台風による災害はどの保険で補償される?

毎年のように過去最大級と報道される台風・・・被害の規模も年々、大きくなっています。
その被害によって生じた損害は火災保険によって保障することができます。

台風に備える補償として下記の種類があります。

1)水災

台風・暴風雨・豪雨による洪水・融雪洪水・高潮・土砂崩れ・落石などによる被害を受けた場合

例)台風の局地的な大雨で浸水した
⇒床上浸水の被害による床やクロスの張替え、泥の取り除きや消毒などの費用が水災補償の対象となります。

※床上浸水の場合、その程度により保険会社によって補償される範囲が異なります。
※水災の場合、保険会社によっては選択としている場合があります。

2)風災

台風、突風、竜巻、暴風による被害を受けた場合

例)台風で突風が吹き、飛来物が原因で窓ガラスにヒビが入った
⇒窓ガラスの原状回復するために必要な費用が風災補償の対象となります。

3)落雷

落雷による損害を受けた場合

例)台風の影響で雷が発生し、電化製品が壊れた
⇒家財を保険の対象とした場合、雷で破損した電化製品の修理費用等が落雷補償の対象となります。

対象によって補償される内容が異なります

火災保険の対象を建物にした場合、家財にした場合で補償される内容にも違いが生じます。
また、一部の共済のように水災に支払限度額がついていたり、修理完了後の領収書で保険金支払いをしたり、細かいところで違いがあります。さらに自然災害が増える中、年々、火災保険の保険料も値上げ傾向にあります。

今回のご紹介を機に一度、ご自身のご加入している火災保険のご確認をおすすめします。

火災保険の確認はプロにお任せ!「オンライン保険相談」も人気です。

賢い火災保険の選び方なら、プロに相談するのが一番です。保険相談ショップなら、現在ご加入中の保険の内容を無料でプロと一緒に確認することができます。
外出を控えている方には、ご自宅で気軽にご相談ができる「オンライン保険相談」も人気です。
PC・タブレット・スマホでご相談が可能で、アプリのダウンロードは不要です。お気軽にご利用ください。

↓ オンライン保険相談の情報やご予約はこちら ↓

鍬 幸次営業本部長
関東(東京・神奈川・千葉)で展開している無料保険相談ショップ「保険deあんしん館」の営業本部長。保険営業に携わって20年以上。2020年度MDRT成績資格会員/Court Of the Table。

保険のご相談、
見直しは
ぜひ保険deあんしん館へ

事前のご予約は
お電話またはインターネットで受付中!

お客さまにあんしんして相談いただくために、保険deあんしん館では【しつこい勧誘】や【無理な営業】を禁止しています。