“がん”にも種類があるってホント? | 保険相談・見直しは「保険deあんしん館」へ。

  1. 保険相談TOP
  2. いろいろな保険関連の知識
  3. “がん”にも種類があるってホント?
保険初心者さんのQ&A
保険初心者さんのご質問にライフコンシェルジュがお答えします
Q

“がん”にも種類があるってホント?

A

大きく分けて2種類あります。

 
実は一般的に“がん”と言われているものの中には大きく分けて2種類あります。
「上皮内新生物」「悪性新生物」というものです。
簡単にいうと、「上皮内新生物」は内臓などの組織の上にのっているような状態のものを指します。
「悪性新生物」は、組織に浸潤している(染みるように組織内に入ってしまっている)状態のものを指します。
「上皮内新生物」の場合「悪性新生物」に比べ、完治の可能性も高く治療費も比較的安く済むこともあります。
そのため、保険会社によってはこの上皮内新生物と悪性新生物の違いによって受け取れる給付金の額に大きく差がある保険の商品もあります。
ガン保険を選ぶときにはこういうところもしっかりチェックした方が良いですね。

保険deあんしん館は、お金や保険について無料でご相談できます

保険deあんしん館 店舗一覧

東京・神奈川・千葉、関東で14店舗ございます。お気軽にご相談ください。

ページTOPへ
戻る